なぜところてんは腸内環境を整えてくれるか

私たちの身近なお店では、ところてんが販売されています。あの食材は、実は腸内環境にはとても良いと言われているのです。その理由は2つあって、ところてんの中に含まれている食物繊維と、その味つけをしているお酢ですね。

食物繊維によってお腹の環境が整えられる

まず前者の食物繊維ですが、お腹の清掃をしてくれる役割があります。

やはりお腹の中の環境は、綺麗な状態になっている方がベターです。少なくともお腹の中が不衛生な状態よりは、やはり衛生的な状態の方が腸内環境も良くなるでしょう。

そしてところてんの中には、非常に多くの食物繊維が含まれています。実に8割程度が食物繊維と言われていますので、あれを摂取すればかなりお腹の調子が良くなると見込めますね。

お酢が腸内環境を整えてくれる

それとところてんは、そもそもお酢漬けになっていますね。あのお酢自体も、実はお腹を良くしてくれる効果が見込まれるのです。

まずお酢はお腹の中を活性化してくれる役割があると見込まれています。腸が活発になってくれるので、もちろんお腹の中の環境は良くなってくれるでしょう。

それとお酢は炭酸ガスを放出しています。そのガスは、排泄を促してくれる役割があるのです。つまり腸内に蓄積されている老廃物のデトックスを行ってくれますので、それでお腹の環境も良くなってくれる訳ですね。

出典:アトピー 乳酸菌

ちなみに人によっては、敢えてところてんにお酢を加えて食べている方もいらっしゃるようです。それも悪くないと思いますね。
このように食物繊維とお酢という2つの成分により、ところてんは腸内環境を良くすると言われています。ですので最近お腹の調子があまり良くないならば、ちょっとところてんを食べてみるのは良いと思いますね。

腸内環境を整えるための腸内洗浄

腸内環境を整えると聞くと、食物繊維やヨーグルトなどイメージする方々が多いかと思います。しかし整える方法は、それだけではありません。もっとダイレクトに洗浄をする方法もあるのです。いわゆる腸内洗浄ですね

医療機関やエステによる腸内洗浄

0-94腸内洗浄とは、その名称通り直接的に腸の内部をお掃除する事になります。どこでそのような事ができるかと言うと、例えば医療機関ですね。医療機関では、しばしば検査を行ってきます。その検査の1つとして、腸内洗浄を採用しているクリニックも中にはあるのですね

ちなみに診療科目としては、いわゆる消化器科になるでしょう。また産婦人科などでも、それを行ってくれる事があるようですね。腸の内部をお掃除してくれる訳ですから、ある程度腸内環境が良くなると見込めます。

ただし費用に関してはちょっと注意が必要です。なぜならそのような治療の場合は、いわゆる保険がききません。自由診療になります。しかし3,000円程度でできるようなので、比較的リーズナブルだと個人的には思います。

また医療機関だけでなく、最近ではエステサロンなどでもそれを行ってくれるようです。ただしエステも色々なお店があります。きちんと資格を持っている方がその洗浄を行ってくれるかどうかは、確認をしておく方が無難でしょう。

自分一人での腸内洗浄も可能

0-86それと、実はそれは自力で行う事も可能です。洗浄する為のキットを買う必要があって、それで自分1人でも洗浄をする事は一応可能なようですね。

ただし場所が場所ですので、やはり気をつけて洗浄を行うべきだと思います。その代わり上記の医療機関などに比べれば、費用はリーズナブルになります。

ヨーグルトやサプリメントに含まれる乳酸菌で腸内環境を良くするよう試みるのも1つの方法ですが、上記のように洗浄という選択肢もある訳ですね。費用を考慮すれば、悪くない選択肢かなと思います。

いちごの中に含まれる腸内環境に良い2つの物質

街で販売されているヨーグルトの多くには、いちごが用いられています。ヨーグルトとの相性がとても良い果物ですが、実はそれは腸内環境に対する良い影響が見込まれるのだそうです。それはいちごの中に入っている2つの成分が関係してきます。

いちごのペクチンで腸内環境が良くなる

まずいちごの中には、ペクチンと呼ばれる物質が入っています。その物質の効能なのですが、腸の運動機能を高めてくれるようですね。
腸というのは、常にぜん動運動を行っています。それでお通じなどが発生するのですが、ペクチンはそれを促進してくれる訳ですから、便秘の改善が見込める訳ですね。
それと、そもそもペクチンは食物繊維の1つです。食物繊維はお腹のお掃除をしてくれる役割がありますので、腸内環境を良くしてくれる効果は大いに期待できます。

お腹の中の環境を整えてくれるビタミンC

それといちごの中には、ビタミンCも豊富に含まれています。ビタミンCはお腹の中に生息している、善玉菌のエサになってくれるのです。それで善玉菌が徐々に活性化されて、お腹の中の環境も良くなっていくと見込まれています。
また上記の善玉菌なのですが、実はそれは乳酸菌でもあります。前述のように街ではいちごが入っているヨーグルトをよく見かけるのですが、ビタミンCによってヨーグルトの中に入っている乳酸菌が活発に働いてくれる訳ですね。
またビタミンCは、コラーゲンにも関係してきます。腸内でビタミンCが吸収されますと、それがコラーゲンの生成にもつながると言われています。ですのでいちごを摂取すれば、お肌の調子も良くなってくると見込まれているのですが。
このようにいちごの中に含まれているペクチンとビタミンCによって、腸内環境が良くなっていくと考えられています。ですのでお腹の調子が気になるならば、いちごはオススメの食材の1つです。

果たしてスポーツドリンクは腸内環境に悪影響はあるのか

スポーツドリンクは、水分を補給するためには優秀な飲料だと考えます。真水を飲むよりは、スポーツドリンクの方が効率的に水分を摂取できるという意見も多いですね。
ではスポーツドリンクは、果たして腸内環境に対して良い影響は有るのでしょうか。

スポーツドリンクでますます腸内環境が悪くなる事も

それに関しては、何とも言えない一面があります。まずスポーツドリンクで、ちょっとお腹の環境が悪くなってしまう可能性はあるようです。
例えば、お腹を下してしまっているような時ですね。そのような時には、ちょっと腸内環境は荒れている事が多いのです。それでお腹を下してしまって水分我足りなくなってしまうので、スポーツドリンクで水分を補給するという選択肢が浮上します。
しかし腸内環境が悪い時にスポーツドリンクを摂取するのが、ちょっと控えた方が良いですね。なぜならお腹を下している状況は、ちょっと腸炎が発症している状況でもあるのですね。スポーツドリンクを摂取したところで吸収されず、ますますお腹が下るようになってしまうそうです。

スポーツドリンクは腸内環境に良い面も

では腸内環境を整える為にはスポーツドリンクは飲んではいけないかというと、そうでもありません。
と言うのも大腸や小腸にとっては、水分は必要なのです。それが不足してしまっているとデトックスが進まなくなってしまう事が多いからです。
そしてスポーツドリンクはお腹が正常な状態で摂取をすれば、特に問題は無いですね。ですので腸内環境が健全な方の場合は、スポーツドリンクでその健全さが維持される可能性はあります。
ですので腸内環境が健康だと見込まれる時にはスポーツドリンクを摂取するのが良く、ちょっと不健全だと考えられるような時には控えた方が良いと結論付けることができるでしょう

腸内環境を整えてくれるパントテン酸

本日私はあるドラッグストアで、腸内環境に関する商品を見かけました。その商品の場合は、パントテン酸と呼ばれる物を用いています。あまり耳にしない名前かと思いますが、実はそれは私たちにとってはとても身近なものの1つなのですね。

お腹の善玉菌が作ってくれるパントテン酸と不足した時に発生する症状

パントテン酸は、実は私たちの腸で作られているのです。お腹の中には沢山の善玉菌が生息していますが、それが作ってくれる物質の1つなのですね。
ところが人によっては身体に何かの不具合があって、その物質が不足してしまっている事があるのです。それが不足するとどのような症状が発生するかと言うと、例えばお腹が痛くなってしまいます。他にも十二指腸潰瘍が発生してしまったり、血糖値などに関する問題も発生するようですね。
パントテン酸は、割と多くの食物には含まれているようです。ですので不足する事例はあまり多くはないのですが、たまには足りなくなってしまう方もいらっしゃる訳ですね

腸内環境の改善が見込める薬店で見かけた商品

ところで私が本日足を運んだドラッグストアで見かけた商品の中にはそれが入っている訳ですね。十二指腸潰瘍などは、明らかに腸内環境が悪くなってしまっているのが原因です。その病気にならないようにするためにもパントテン酸は必要なのですが、その為にはその商品などは効果が見込めるかと思います。
ちなみにその商品の中には、乳酸菌を入ってはいるようですね。しかし色々と試行錯誤を行った結果、最終的にはパントテン酸を混ぜる方が良いと判断したのでしょう。
ですので腸内環境を整えたいと考えているならばパントテン酸に入りの製品などはオススメですが、摂取し過ぎも気持ちです。却って便秘が悪化してしまう事もありますので、大量に服用しないよう気をつけたいものですね。

胃の中で乳酸菌が死滅する数と年齢との関係

乳酸菌は大腸や小腸に届くまでに、一度は胃を通過する必要があります。そして胃は乳酸菌にとっての難関の1つで、たいていはそこで死滅させられてしまうのですね。死滅した乳酸菌は善玉菌に用いられる事が多いのですが、それでも生きている乳酸菌の方が腸に対してより大きな効果が見込めると言われています。

若い方の胃酸ほど多くの乳酸菌を死滅させる傾向が

ところでその死滅数なのですが、どうも年齢と関係しているようです。基本的には若い年齢の方々の方が、胃酸も強力な傾向があるようですね。
例えばある方が、乳酸菌を1万ほど摂取したとします。それで摂取をした方の年齢が20代だとしましょう。そのような時には、ほとんど大部分の乳酸菌が死滅してしまうようですね。数にすると、9,900程度でしょうか。
そして別の方も乳酸菌を1万ほど摂取したとしましょう。ただその方の場合は上記の方よりも年齢が高めだったとします。その方の場合は、上記の20代の方よりも死滅数は少ないと言われています。数は微妙なところですが、9,500というケースもあれば9,000程度など人それぞれですね。ちなみに9,500や9,000というのは、あくまでも仮想の数字です。実際はもう少し違った数字になっている可能性はあります。
どちらにしても、上記の20代の方に比べると死滅数が少ない訳ですね。

若い方の方が胃酸が強いので多くの乳酸菌が死滅

なぜそのような事が起きるかと言うと、もちろん胃酸の強さです。若い方の場合は胃酸が比較的強いので、9,900ほどの乳酸菌を殺傷する力があるのですね。しかし年齢が高くなると胃酸も少し弱くなってきますので、ちょっと死滅数が少なくなると言われています。
ですので年齢が高めの方々の方が、腸までに届く乳酸菌の数も多くなると思いますね。